« 給食の放射能事前測定 | トップページ | 住民監査請求監査について講演がありました »

都市計画の勉強会

27日、28日は区画整理・都市計画対策全国研究会が江東区で開催されました。

27日は総会に続いて波多野憲男氏(元・四日市大学教授の記念講演がありました。「なぜ「まち」づくりが進まないのか」として「まち」とは、と話されました。

人々が集まり集団的に居住する事で作り出されていく有機的都市形態としての「まち」と碁盤の目のように主権者が管理しやすいように作った機能的都市形態の「まち」。有機的都市形態としてのまちはどのような形か。一つの小学校区を幹線道路で囲まれた土地空間、そこには教会、集会所、商業区が配置され公園、緑地が学校を中心に点在し、通過交通が入らない、それが一つの「まち」となり、「まち」が結合して「都市」となる。それは「土地の有効利用」が全面に出された機能的都市形態とは異なる。

「まち」について改めて考えさせられました。

今日は分科会に別れ、私は「区画整理対策」に参加しました。全国で区画整理事業で苦労されている方々の実態とそれに対する対策を話し合いました。敵にするのではなく共にいい町を作る観点で進めていく事が必要だという事も分かり、このように実際に対応しているところの話を伺うのは勉強になります。

|

« 給食の放射能事前測定 | トップページ | 住民監査請求監査について講演がありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503585/55992684

この記事へのトラックバック一覧です: 都市計画の勉強会:

« 給食の放射能事前測定 | トップページ | 住民監査請求監査について講演がありました »