« 高木学校第16回市民講座に参加しました。 | トップページ | 竹川病院の樹木 »

区画整理事業

和光市では現在5ヶ所で区画整理事業が進められています。もとより区域内の住民がより良いまちづくりを求めて行われる事業なのですが、本当に区域内住民にとってより良いものになっているのか疑問です。

今日、その内の1区画事業区域内の方から相談があり、ご一緒に専門家を訪ねました。敷地内に登記がなされていない部分があり、隣地の立会いが難しかったため、そのまま仮換地が行われました。事業が大分進んでしまったので諦めようかとの事でした。しかし地権者の土地所有権は尊重されなければならないという区画整理事業の本旨から、未登記の部分は相当の広さがあるので諦めず隣地の方と協議する努力をする事となりました。昔の土地売買は結構曖昧なところがあります。縄伸びの扱いも場所によってはいい加減な処理がなされる事もあると聞いています。

良く聞けば隣地の方も困っておられる様子、協議をし立会いの元、実測図を作る方向で進められるようで安心しました。土地の実測図がすべての基礎になるのですから。

区域内の方が納得のいく区画整理事業でなければならないと思います。

|

« 高木学校第16回市民講座に参加しました。 | トップページ | 竹川病院の樹木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503585/56795839

この記事へのトラックバック一覧です: 区画整理事業:

« 高木学校第16回市民講座に参加しました。 | トップページ | 竹川病院の樹木 »