« 臨時議会が閉会しました。 | トップページ | 天然記念物「湧水・代官水」にカワモズクが生息していました。 »

新座市で開催された「共育シンポジュームに参加しました。

久し振りに共育研究会のシンポジュームに参加しました。キャベツの会を覗いたのはもう20年以上前になると思います。「障がいを持っている子どもも持っていない子どもも一緒に生きていくのが当り前の社会」の考えに共感して何度も足を運んだ事を思い出します。篠原睦治さん(子ども問題研究会・共育研究会)と長澤民子さん(保育士)のお話がありました。

篠原さんは教育大学で特殊教育学科にいて専門家として障がい児の診断をしてきた。中立の立場で行う診断が普通教育から障がい児を排除しようとする教育機関に使われていくと言う現実。しかし障害って何だろうと思うとき障害と言われるものをもっている人が一緒にいておかしいだろうか。今、障害の名称、区分が細分化され細かく分けられてきているがそうする必要があるのだろうか。

長澤さんからは若い頃に重い障害をもった方に遭遇した事から保育園に入園を希望してきたYちゃんとの事を話されました。そして気付いたのは「子どもはすごい!」子どもは仲間の状態をよく理解して適切なサポートをしている。このような子ども達の集団の力は一緒に過ごさないと得られない。

お二人のお話の後参加者との話し合いになりました。沢山の車椅子の方やいろいろな方がいらしていて次々に意見が出て楽しい会になりました。立教大学の学生さんがこの共育研究会で一緒に学んでいてとても活気があって楽しそうでした。

今、障害を細かく分け個々の症状にそれぞれの支援をするようになってきましたが、それは違うのではないでしょうか。森田洋司さんの「いじめとは何か」にあるように集団社会から解き放たれて個が大切にされてきた事はとても大事な事だと思いますが、人は孤立して生きていく事はできません。また個別に支援をしていく事は少子高齢化の日本で不可能です。ではどのように支えあっていったらよいのか、どのような支えの仕組みを作っていったらよいのか、これからの重要な課題だと思います。

|

« 臨時議会が閉会しました。 | トップページ | 天然記念物「湧水・代官水」にカワモズクが生息していました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503585/56739778

この記事へのトラックバック一覧です: 新座市で開催された「共育シンポジュームに参加しました。:

« 臨時議会が閉会しました。 | トップページ | 天然記念物「湧水・代官水」にカワモズクが生息していました。 »