« 区画整理事業 | トップページ | 自然の保護の難しさ »

竹川病院の樹木

S氏のお見舞いに竹川病院に伺いました。上板橋駅から昔の町並みのとても賑やかな通りを過ぎ、交通激しい川越街道を渡ると、静かな地域に入ります。大きなケヤキの残る敷地にその病院はありました。3000坪の敷地、ケヤキの囲まれた民家を買い取り建設されたと聞いていますが、その際、在来のケヤキを残した設計がなされていてます。従って建物周辺の通路が樹木を避けてくねくねと曲がっています。ケヤキは上部が伐採されていましたが、夏は緑が病院を覆っていると思われとても素敵なところでした。

S氏の案内で病院内を観て廻りました。ガラス越しに近隣の公園や遠く富士山が望めます。屋上はいつでも出る事が出来、池袋、新宿の高層建築が見えました。花壇がたくさん配置され、憩いの場となっていました。

町の中にはまだ大きな樹木が残っていたりして、一足中にはいるととても閑静なところでした。駅前には「再開発反対」ののぼりが立っていました。再開発でない整備の方法をみんなで考えてもらいたいと思いました。

|

« 区画整理事業 | トップページ | 自然の保護の難しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503585/56815617

この記事へのトラックバック一覧です: 竹川病院の樹木:

« 区画整理事業 | トップページ | 自然の保護の難しさ »