« 発掘調査報告会 | トップページ | ごみ置き場がまだ解決できません。 »

道路台帳が間違っていたなんて

新倉小学校前の道路ですが隣地の塀が50cmほど突き出ています。東から来た車はこの部分で急に狭くなり、またその陰に隠れて速度30キロの標識が見えなくなります。昨年児童が事故にあいました。塀のその部分を下げていただくか買い取る事により見通しを良くすべきと思いました。

隣地の昭和57年の「建築計画概要書」によれば「市の指導による境界線」が示されており40㎝ほど下がることにより道路幅員が5mになりますが、そのポイントは5mありません。しかし市は既に50cm下がっていると言うのです。台帳を見ると確かに突き出しており、その部分は当初の道路にあわせたように見えます。その事を言い張ると「台帳の記述が間違っているのです。既に市の指導による後退はしています。」

道路台帳は最も基礎となる資料です。1ヶ月以上も前からこの疑問を投げかけていたのに今になって、しかも「台帳の記述が間違っていた」と、信じられますか。

|

« 発掘調査報告会 | トップページ | ごみ置き場がまだ解決できません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503585/56936733

この記事へのトラックバック一覧です: 道路台帳が間違っていたなんて:

« 発掘調査報告会 | トップページ | ごみ置き場がまだ解決できません。 »