« 樹林公園のさくら調査をしました。 | トップページ | 白子川の報告会を開催しました。 »

上郡中学校を訪問しました

28日山梨大学で開催された藻類学会の後、夜行で兵庫県上郡にある町立上郡中学校に行きました。中学校の前を流れる安室川に生息する「チスジノリ」を生徒さんたちが研究していられ論文も出しています。2,3お聞きしたい事が有って東山真也先生を尋ねました。

町は人口が減っていて中学校は1校です。一旦は絶滅したと思われたチスジノリが9年ぶりに発生し、その生育状況を科学部の生徒さんたちが継続的に観察しています。九州地方の川内川、菊池川で生息しているチスジノリは天然記念物に指定されているほど大変貴重な種です。3月を過ぎると次第にちぎれて消失するようですが、川に入って触らせていただきました。同じ紅藻類ですがカワモズクとは異なり、20から30cmの藻体はしっかりした様子でした。一寸した環境の変化で簡単に絶滅するとは思えない藻体でした。「河床の石を磨く」も教えていただきましたが、再発生の要因もまだ良くは分からないとの事でした。

和光市でのカワモズク属、特にミョウテンジカワモズクを継続的に生育させるために、何をしていったら良いのか、参考になりました。また、和光市でも小学生や中学生が共に観察をする事が出来るように考えたいと思います。

|

« 樹林公園のさくら調査をしました。 | トップページ | 白子川の報告会を開催しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503585/57075072

この記事へのトラックバック一覧です: 上郡中学校を訪問しました:

« 樹林公園のさくら調査をしました。 | トップページ | 白子川の報告会を開催しました。 »